HOME 粟生線ブログ駅長 まりのすけ

入初式

テーマ:沿線情報 


1月2日(木)、有馬の温泉街で入初式(いりぞめしき)が行われました。

 

入初式は、江戸時代から現代まで約300年続く、有馬で毎年1月2日に行われる、恒例の儀式です。

神戸市地域無形民俗文化財にも認定されています。

入初式の概要についてのウェブサイトを探してみたのですが、見つからなかったので、だいたいの説明がされている画像を貼っておきます。

 

朝の10時、温泉寺でまずみんなで年のはじめの歌を歌い、行列の皆様が式典会場の有馬小学校まで移動を始めます。

温泉神社の神主さんが、金の湯辺りで、その日の朝の汲みたての金泉を頂いてました。

 

あの行列が有馬小学校の講堂に着いた後、式典が開始されました。

 

式典はまず神式で行なわれ、

神式の儀式が終わると、湯女たちによる熱湯を適温に冷ます舞が行なわれました。

その後仏式の式典が行なわれました。

 

新米を御座の上に撒いて、舞妓さんたちが広い集めてる様子です。

 

有馬小学校での式典の一切が終了したら、行列の皆様は温泉寺に戻られます。

温泉寺に戻る道中にある有馬観光協会の前で、「戻せ!返せ!」という、舞妓さんらが道をいったりきたりする恒例の儀式をします。

「戻せ!返せ!」を数往復した後に行列御一考様は温泉寺に戻られました。

 

今年の有馬の入初式も終わり、今年も有馬が繁栄すること間違いないと思います。

 

有馬温泉の青年部の方々が動画を作って下さったということで、リンクを貼っておきます。

https://youtu.be/buDzg2Uap1I


 

  この記事へのコメント

新年初風呂 | 神鉄沿線と私 2019 : (2020年01月19日 15:35)

[…] 1月2日の入初式のあと、有馬温泉駅から金の湯に向かう道中にあるとみ田という飲食店で、カツ丼定食を食べ、その後金の湯に入りました。 […]



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。