HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

三木駅が燃えてしまうシーンなど

テーマ:映画 


10月14日。

なんとか空が泣くこともなく、

映画「神さま、わたしの鉄道をまもって。」の撮影は

三木駅が燃えてしまうシーンも無事行われました。

この日の撮影は、現場に立ち会っていても、

いったい実際映画になるとどうなるのだろう?

とわからないことがいつも以上に多い内容でした。

三木駅が燃えてしまうのを見ている人たちというのも、

もちろん、そういう想定で見るわけです。

怪獣映画で怪獣を見る人たちというシーンもこんな感じなのでしょうね。

そして、この中では、青山くんが迫真の演技。

どんな迫真の演技だったのかを女子高生2人に再現してもらいました。

これまた、いったい実際映画になるとどうなるのだろう?と思ったでしょ?

この前、御坂のサイフォン橋で撮影したシーンも同様でした。

映画の中では夜7時半。

夏至に近い時期とはいえ、こんなに明るくありません。

出来上がりを見たら夜7時半に見えるのでしょうね。

さらに、最後に撮影したところでも、これは別の意味で。

なんと、1つのシーンの撮影に、

2パターン撮影されたのです。

映画で使われるのは、1つだけ。

これは、どちらが使われるのだろう?

 

撮影は、たくさんのエキストラに協力いただくシーンも

含めて、12月まで続く予定です。


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。