HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

神鉄トレインフェスティバル

テーマ:沿線 


事前申込制、午前・午後の完全入れ替え制で

開催された神鉄トレインフェスティバル2022。

前回(3年前)は、ステージイベントや、

飲食店のブースが立ち並んだりしていたわけですが、

まだまだコロナ感染予防対策を講じなければならない中では

それらのことはできず・・・。

しかしながら、今できる100%、いや、120%のことを

やってくださったように思います。

 

私が一番「!」と感じたのは、

「旧入換車デ101の撮影会」でした。

いつもと場所が違うぞ・・・と進んでいくと、

屋外展示での撮影会ではなく、検車庫の中。

「デ101のおなかを見てみよう」だったのです。

ヘルメットを渡され、この小さな穴から入って行きます。

見上げると、今まで見た事のないアングル。

長年がんばってきた旧入換車デ101。

子どもにはなかなか響きにくかったとは思いますがね。

会場を後にしてから、

「トレフェス特別列車」が鈴蘭台駅に入ってきました。

こちらもいつもなら、車庫まで戻るのですが、

正午をもって午前の部のみなさんは出なければならなかったので、

12時6分着のこの特別列車は、ここでおしまいとなりました。

2023年は、ステージもその場での飲食も楽しみたいですね。

あわせて、他のブログ駅長からも、

この日の記事がUPされますように・・・!


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。