HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

恵比須駅下車北へ徒歩7分

テーマ:飲食 


大正時代からある三木市の銘菓「長治煎餅」。

かつての三木城主、別所長治にちなんだ煎餅です。

原材料は、卵、小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーという

とってもシンプルなもの。

道の駅みき、山陽道三木サービスエリア下り、

三木市内のイオンやマックスバリュ、一部の和菓子店などで買うことができるのですが、

もちろん、製造元・東中常磐堂でも買うことができます。

他店にはない特典(?)として、

「運が良ければ」(←ここ重要)

袋詰めされた切れ端に巡り合えます。

1袋300円。

湿ってしまう心配をよそに、どえらいスピードで

家族の胃におさまっていきました。

なお、東中常磐堂は日曜日が定休日です。

営業時間は9時~18時です。


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。