HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

富野由悠季の世界

テーマ:催し 


富野由悠季の世界」展。

神戸電鉄で終点の新開地駅まで乗車し、

そこからは阪神電車で普通のみ停車する岩屋駅へ。

国道2号線も苦にならない歩道橋で楽々渡れて

徒歩10分弱でたどりつけるのが兵庫県立美術館です。

この写真は、10月11日に行われた

「富野由悠季の世界」展の開会式の

テープカットのものです。

富野由悠季監督は、挨拶のときに、

「底辺だと言われた仕事」と言っておられました。

先月まで放送していたNHKの「なつぞら」でも描かれていましたが、

テレビまんがは、今で言う劇場版長編アニメよりも

ずっとずっと低い扱いを受けていました。

子どもにおもちゃを買わせるための宣伝番組という

考えが当時の人には多く根付いていたからだと思います。

しかしながら、たとえ当時は「底辺」だったとしても、

腐ることなく一生懸命取り組んでいたら、

見る人は見ているし、支持、応援してくれる人もいるというものです。

 

私もみなさんも、そう思って日々を過ごして行きましょう。

もっとも、その結果、富野監督のように展示されることはないでしょうけど。

作品名だけ知っている、主題歌だけ知っているというものでも、

ところどころ抜粋映像が流れていたりするので、

世界に触れることができます。

会期は12月22日までありますが、

できるだけ早い段階で行ったほうがいいと私は感じました。

 

※ガンダムが好きな人は、丸1日、もしくは2日にわけて行くぐらいのボリュームです。


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。