HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

桂しん吉 秋の祭典’20

テーマ:催し 


18日は神戸新開地喜楽館の夜席

桂しん吉 秋の祭典 ’20に行ってきました。

落語界の白木みのると自称する

桂二葉さんに続いて

桂しん吉さんは三席。

算段の平兵衛は桂米朝さんがかけられていた噺。

春風屋は桂枝雀さんがかけられていた噺。

 

そして、仲入後は、

創作落語の粟生線の乱。

 

標高278メートルの鈴蘭台さんが核となって

物語が進んで行きました。

来場者には、神戸電鉄ボールペンが1本ずつ

いただけました。

なんでも、2月末に神戸新開地喜楽館で開催された

鉄道ウイークのときに

神戸電鉄から提供を受けたものとのこと。

私自身、初でもあったので、大事に使わせてもらいます。


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿







日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。