HOME 粟生線ブログ駅長 三木のかげとら

唐櫃(からと)

テーマ:催し 


神戸電鉄沿線に住んでいるおかげで、

あっさりと読めました。

唐櫃を「からと」と。

瀬戸内国際芸術祭2019に行っていた私。

岡山の宇野港から出港して、

最初に降り立ったのは豊島唐櫃港だったのです。

もっとも、豊島というのも

たいがい難読なのですがね。

この場合は「てしま」と読みます。

 


 

  この記事へのコメント

コメントはまだありません。



 

  コメント投稿









ブログ記事・コメントに関するご注意

ブログの記事・コメントの内容は、全てそれぞれの執筆・投稿時点のものです。時間の経過とともに掲載情報と実際に不整合が発生している場合もございますのでご注意ください。 詳しくは「粟生線ブログ駅長利用規約」をご覧ください。
公開承認制の為、コメントをいただいても承認までページには表示されません。
公開承認はリアルタイムに行っているわけではございませんので、半日や1日、もしくはそれ以上のお時間をいただく場合があります。ご了承ください。
入力いただいたお名前、ウェブサイト、コメントは全てページ上に公開されます。公開されたくない個人情報は入力されないようにお願いいたします。
初めてコメントをされる方は「粟生線ブログ駅長利用規約」を必ずご覧ください。
規約に違反する記事内容の場合は承認いたしかねます。
日本語を含まないコメントは、スパムとして処理されます。ご了承ください。